ノルマ未達・上司に会いたくない・会社に行きたくない…こんな生活嫌だ!ブラック会社から抜け出す為に今あなたがやる5つのこと。

未分類

営業ノルマがあるだけでブラック企業のにおいがプンプンします。誰も好きでブラック企業に就職する訳ではありませんが、運悪くブラック企業に勤めてしまうと負のスパイラルが永遠と続き、誰も助けてくれません。だからその状況は自分で変えていかなければならないのです。

本来は重宝されるべき『真面目な営業社員さん』が間違ってブラック企業に就職してしまうとその扱いは雑でまるで道具のように扱われます。

そんな会社でいくら真面目に働いても上司や会社から評価されることや報われることはありません。

そして何年頑張って働いても自分の将来の何の役にも立ちません

ブラック企業で働いている間は真面目に働くな

あなたが働いている会社に「もしかしてブラック企業?」と疑い始めたらそれは気のせいではなく、恐らくブラック企業でしょう。

そもそも『ブラック企業とは?』と定義をググる必要はありません。大事なのはあなたがブラック企業かどうかを見極められるかどうかなのですから。

そしてあなたが働いている会社がブラック企業だと感じるならば真面目に働くのは止めて逆に会社をうまく使って自分の将来のことを真面目に考えてみてはいかがでしょう。

ブラック企業はあなたを大切にしませんので、あなたも自分の体力や貴重な時間をブラック会社に全力投球する必要はありません。

とは言え、条件のいい転職先がすぐに見つかるとは限りませんので会社で給料を貰いながら、今やっておくべきことを5つご紹介します。

紹介料で副収入を得る

営業職で働いているのならばその人脈を上手に利用して紹介料を稼ぐのが最も現実的です。

人脈とは必ずしも会社の顧客ではなく、自分の知っている人でいいのです。

別に取引している人ではなくてもいいのです。営業職ならば営業活動や何かの集まりで名刺交換や知り合いになった人がいますよね。

紹介料で稼ぐ為には他業種の人と知り合いになる必要があります。

例えば車のことならAさん、家のことならBさん、保険のことならCさん・・のように他業種、且つ生活していて需要の高そうな業種に就いている知り合いから増やします。

なんでもかんでもあからさまに紹介料を要求するような付き合い方をすることはおすすめ出来ませんが、車や家など高額な商材を取り扱う業界ほど仕事を紹介すれば、相手から紹介料を渡してくれる傾向があります。

紹介料って自分から要求しにくいですよね。

そうですね、紹介料はあくまで善意なので紹介者が積極的に請求するものではありません。しかし一般的には契約成立後に感謝の気持ちとして紹介料をお渡しすることが多いですね。

紹介料の相場は業種や契約単価によって様々ですが個人で受け取る場合は契約商材の1%前後若しくは数万円が多いのではないでしょうか。

紹介料は自分の仕事や会社とは全く関係のない案件から発生するものにしましょう。

もし、あなたの会社での立場を利用した案件から発生した紹介料は会社が受け取るべきお金なのでこれを個人であなたが受け取ってしまうと背任罪や業務上の横領罪に問われてしまう可能性がありますので案件の取り扱いには十分気を付けましょう。

意識して人間関係を構築していくと紹介料を頂けるような案件が転がってくるようになりますよ。

保険の営業マンやコンサル業なんかをやっている方は紹介料が発生するような案件作りが結構お上手です。

紹介料は請求するものではなく、善意で頂くものなので見返りの期待はしないことです。

ただしギブアンドギブ精神のスタイルで案件を紹介し続けていると、いつからか紹介料を頂けるようになるでしょう。

知り合いと企業をつないで副収入を得る

紹介料のお話をしましたのでついでに同じような案件で副収入を得るユニークなサービスをご紹介します。

営業職をしていると多種多様、多業種で働いている人と知り合いになる機会が多いものです。

例え取引相手や自社の顧客ではなくても、それはあなたの人脈です。

そんな人脈をある程度広がった方には、人を企業に紹介するだけで報酬を得られるSaleshub(セールスハブ)というマッチングサービスがおすすめです。

仕組みを簡単に説明すると企業が求めているような人を、あなたが紹介や商談の席をセットアップしてあげることで紹介料を得られるものです。

紹介料平均5万円以上ってすごいですね。

例えば企業もBtoB営業を一から始めると決裁者までたどり着くまでに時間や経費が相当かかりますからね。それを考えると数万円で営業先の決裁者を紹介してもらえるならば安いものです。

Saleshub(セールスハブ)は決して怪しいサービスではなく、登録企業も紹介するあなたもwinwinになれるマッチングサービスです。

Saleshub(セールスハブ)に登録している企業は主にスタートアップ企業です。

もしかしたらあなたの知人や友人がスタートアップ企業にとって紹介してもらいたい人物像かもしれません。

紹介する側は無料です。名刺交換をする機会が多い営業職の方はぜひ登録しておきましょう。

今のうちにスキルを磨くする

今働いている会社が自分にとって将来性が無いと感じているなら今のうちに自分のスキルを磨いておきましょう。

会社を辞めたいと思ったタイミングで都合よく条件の良い転職先はなかなかありません。

それであれば今は割り切って、いつか到来する転職機会に備えて自分のスキルを磨いておきましょう。

具体的にどのようなスキルを磨けばいいですか?

そうですね、今あなたが働いている業界だけで通用するスキルではなく、将来的に需要があるようなスキルを探してみてはいかがでしょう。

例えばあなたが今、自動車業界で働いているとします。

自動車について掘り下げた知識を勉強するのもいいですが、それはあくまで自動車業界だけでしか役に立たない知識です。

せっかくスキルを磨くなら将来的に需要があるようなスキルを身に付けた方がいいですよね。

例えば動画編集スキル。動画編集のスキルはフリーランスでも収入を得やすい分野です。クラウドソーシングを使ってうまく販路を作れれば本業を超える収入を得るのも難しいことではありません。

YouTubeをはじめとした動画コンテンツに注目して企業や芸能界、タレントさんが利用し急速に増え続ける需要に対して動画編集者のスキルを持った供給者は明らかに不足している状況です。

2022年の動画広告市場は前年比33.2%増の5,601億円になり、2025年にはなんと1兆円を超える市場になる見込みです。

動画編集は確かに需要はありますよね。でも独学でやってみた時期があったのですがどうしても時間がなくてそれっきりになってしまっています・・・

動画編集の独学で学べる程度のスキルでは大きく稼ぐことは難しいでしょう。

スキルを磨くならば通学は難しくてもせめてオンライン受講でカリキュラムに沿って学べるスクールでスキルを取得しましょう。

なるほど、やるならば中途半端にではなく本格的に学ぶことが大事ですね。

動画編集スキルがある人は、クラウドソーシングなどで動画編集のお仕事を受注して副収入を得ることも出来るし自分で何か動画コンテンツを作成する時も自ら作成出来るのでこのスキルは強いと思います。

オンライン受講で学びやすいスキルとしてはやはりホームページ作成やwebデザイン、プログラミングなどがあります。

また、資格取得もスキルアップとなります。

今後需要がある・将来性があると見込んだ民間資格を探したり、いつでも一定の需要が見込める国家資格を取得することでスキルを磨くこともおすすめです。

表向きは営業活動と称して転職活動に精を入れる

営業は外に出やすく、一日中外出していても問題ない方も多いでしょう。

この時間を利用してゆっくりと転職活動を行ってみてはいかがでしょう。

とは言え、私がここで言う『転職活動』とはきちんとした転職活動ではなく、緩い転職活動です。

営業活動を続けていると気軽に寄れる場所がいくつか出来るものです。

何も毎日真面目に飛込み営業をやる必要はありません。

「今日は営業やる気しないな」と思ったら気軽に寄れるお店や会社にお茶でも飲みに行きましょう。

仕事の話をしている時は出なかった話題も、世間話をしている時には出てくる話題が結構あるものです。

この世間話の中で転職やいい働き先を紹介してもらえるよう会話を進めるのも転職活動の一環です。

採用面接は3次面接まであるような企業にも「知り合いの紹介だから」といった理由ですぐ採用してくれるパターンも世の中たくさんありますからね。

会話の内容を意識するだけで、例えば他の会社は給料いくらくらいなのか・・・残業はどのくらいなのか・・・ボーナスはあるのか・・・など色々な会社の情報収集も出来るので後々の転職活動において参考になります。

お茶のみ相手が役職者や採用に権限がある人だと「うちに来ない?」と思わぬお誘いを受けることだってあるかもしれませんよ。

そのようなスカウトともとれるようなお誘いを受けてもいいよういに、普段から世間話では自分の会社の不平不満は絶対に口にしないよう意識して会話をしましょう。

高速でプチ遠出して気分転換する

このお話の最後に気分転換の話をしたいと思います。

私はよく営業職時代に行き詰まったりストレスが溜まった時は決まって高速道路でプチ遠出していました。

しかも勤務時間中です。

営業職なら長い時間外出出来ますよね!ちなみにプチ遠出とはどこまで行っていたんですか?

当時は1区間、2区間先のサービスエリアによく行っていましたね。あとは車で1時間位で行ける大きめの公園や海も行きましたね。

サービスエリアによく行ってたのは現実逃避が出来るからです。

サービスエリアに駐車して歩いてトイレに行って、その後コーヒーでも飲みながらサービスエリアから景色を眺めているとちょっと気持ちが楽になるんですよね。

あとは海とか、とにかく壮大な自然をずっと眺めていると何故かずっと見ていられるし飽きないんです。

こんなことを聞くと「病んでたのでは??」と思われそうですが確かにガス抜きにはなっていました。

とにかく毎日が同じことの繰り返しだと誰でも行き詰まります。

たまには自分が自分の生活スタイルに変化を入れてあげないと確実に病みます。

気分転換は誰かに与えらるのを待つのではなく、自分が好きな時に好きなだけ気分転換をすることが大切です。

もし今あなたが、行き詰っている若しくは考え事だらけで疲れている状態ならば騙されたと思って、普段行かない場所、出来れば自然を見に車を走らせてください。

自然や景色は人を癒す効果があります。

自然や景色を見ていると、今自分が抱えている問題自体の解決はしないかもしれませんが、その問題自体に対しての自分の考え方が変わって気持ちが楽になることは多々あります。

ブラック企業で働いている人が今やるべきことのまとめ

ブラック企業に苦しめられているのは実はあなただけではありません。私もそうでしたし、今現在苦しんでいる人はたくさんおります。最大のポイントは真面目に働かないことです。では今回の記事の大切なポイントをまとめてみます。

〇ブラック企業で真面目に働くな

〇働きなら副収入を得る方法を考える

〇転職先が見つかるまで給料を貰いながら自分磨きをする

〇営業活動のフリをして転職活動をする

〇騙されたと思って気分転換をすると気持ちが楽になる

ブラック企業で働いている時は負の連鎖が続いたり、ノルマやクレームなど抱え込み過ぎて八方塞がりような状態になります。

そんな状態のあなたに伝えたいことがあります。

会社にうまく使わているだけなので転職しましょう。

そんな会社で真面目に働くのは時間の無駄ですのでせめて会社で給料を貰いながら自分にとってメリットのある活動をしてください。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました