首都圏物件に格安で住めるシェアハウスってどうなの?メリットとデメリット天秤にかけてみました。

借主向け

同居人と一緒に暮らすシェアハウス。ちょっと興味のある方向けにシェアハウスについてのメリットやデメリット、元不動産営業である筆者の所見を踏まえて記事を書いてみました。

シェアハウスとは

シェアハウスとは翻訳した通り「家を共有する」ことです。

一般的にはアパートやマンションの一室を借りたらその部屋には居室・キッチン・浴室・洗面所など生活するにあたり必要な場所は全て占有出来ますがシェアハウスの場合は借主はその全てを占有するのではなシェアハウス同居人と共有して住むものです。

シェアハウスの形態にはそのオーナー(運営者)によって様々。

例えば寝室が1人部屋の場合もあれば相部屋の場合もありますがいずれの場合も基本的にはキッチンや浴室など水廻りは共有スペースとなっています。

シェアハウスの魅力やメリット

一見アパートやマンションの一室のように部屋設備の全てを占有出来る方が生活しやすいと思いますがシェアハウスのメリットとはどんなものがあるのでしょう。

安い・お洒落

シェアハウスの最大のメリットは毎月の家賃を安く抑えられることと言えるでしょう。

やはり生活をする上で最も負担となるのが家賃です。特に都内や首都圏の家賃を考えるとシェアハウスなら格安で住むことが出来ます

普通のアパートやマンションでは到底手の届かない家賃相場のエリアでもシェアハウスなら安く借りて憧れのエリアに住むことが出来ます。

また、お洒落な共有スペース空間やその設備の充実に力を入れているようなシェアハウスは普通のアパートやマンションにはない魅力があります。

それに加えて初期費用も一般的なアパートやマンションを借りる場合に比べるとだいぶ抑えられて入居が出来るようですし、家具家電一式を揃える必要もありません。

シェアハウスを契約する時には多少の手数料等初期費用がかかるでしょうがトータル的にはかなり安く済むでしょう。

寂しくない・出会いや交流の場に

その他のメリットとしては人との出会いがあるということがあげられます。

完全個室ではないので同じシェアハウスを利用している人と共有スペースで顔を合わせることになります。

そこで新しい出会いなど人との交流の場が増えて自分の新たな人脈作りにも繋がることでしょう。

寝室から出れば同じシェアハウス内には誰かいるので一人では不安・何かと寂しがり屋だという方には心強いというかその点、安心して生活することが出来ます。

保証人不要・契約がスムーズ

アパートやマンションで短期契約というのはハードルが高いけどシェハウスでは最低1ヶ月間~の短期契約も可能な施設が多いようです。

アパートで短期契約だと無理ではないのですが割高賃料になったりそのほか何かと条件を付けられるので正直借主さんにとっては契約手続きも含めて面倒です。

その点シェアハウスはなかなかいい物件を見つけられずに就職した方や次の転居先が決まるまでの間だけ借りるといった利用の仕方もあるので便利ですよね。

それにアパートやマンションを借りるときには必須の連帯保証人(賃貸保証会社含む)も不要なシェアハウスが多いので契約もスムーズに手続き出来ます。

シェアハウスの懸念やデメリット

次にシェアハウスを利用する上での懸念事項、デメリットについて考えたいと思います。

人間関係に疲れる

寝室は一人部屋でも共有スペースを使う時は誰かと顔を合わせる機会も多いので他の利用者との接点が多いことが逆にストレスとなることもあります。

アパートやマンションの場合、ローテンションで洗面所で洗顔したり冷蔵庫をあさることが出来ますがシェアハウスの場合、他の利用者が居る場合はそうはいきません。

顔を合わせたら寝起きだろうが常識的に挨拶しなければならないしテンションを無理矢理あげなければならない時もあります。

利用者の中に気が合わない・何となく嫌いな人が居る場合は尚更です。

また、浴室やキッチン・冷蔵庫といった共有している設備について使い方のマナーやルールをきちんと守らなければならず、自分が使いやすいように使えない歯がゆさもあるでしょう。

防犯性に不安も

一つ屋根の下、複数人でシェアして住んでいるので「一人じゃない」という安心感がありさみしがり屋さんにとっては心強いシェアハウス。

しかし時と場合によってはそれが逆に不安になることも想定しなくてはなりませんね。

シェアハウスの構造や仕組みにもよるので一概には言えませんがシェハウスで仲良くなったとはいえ元々他人であった同居人とはドア一枚の隔たりのみです。

疑いたくはありませんが特に女性の場合は万が一の時を考えると少しゾッとします。

選ぶならどんなシェアハウスがいい?

シェアハウスと一言に言ってもノウハウも知識もない個人が提供しているシェアハウスから法人がきちんと管理しているシェアハウスまで幅広く存在します。

シェアハウスを否定するわけではありませんが不動産業界の立場から見ると「シェアハウス」って大丈夫なのかな・・と思うところが多々あります。

契約者(入居者)の属性審査をどこまでやるのか、火災等万が一の時に備えて必要な設備は整っているのか、緊急時のフローはどうなっているのかなど気になるところだらけです。

やでも最近は法人運営のシェアハウスも増えてきたし事前に運営事業者情報やシェアハウスの仕組みなどを下調べしてご自身で納得出来れば良いのではないかと思うようになりました。

個別に鍵付きの部屋がある

まず私がシェアハウスに賛同するならこれが必要最低条件です。

シェアハウスといえども鍵付きの個別の部屋があることが最低条件です。

これが無いとプライベート空間も無く気が休まりませんし、ちゃんとした鍵が無いと心配です。

契約手続きが簡単でスムーズ

シェアハウスはまとまった契約金が無くても契約できることは知られています。

であれば契約手続きも簡単でスムーズに契約したいところですね。

入居審査なども必要最低限の審査に留め、可能な限り簡素化されていると契約しやすいと思います。

短期(1ヶ月~)契約が可能

個人的な意見ですが私がもしシェアハウスを利用するのな一時的な短期契約しか考えません。

何年も住むならアパートやマンションを借りたいからです。

シェアハウスは私のように一時的に住む目的で借りる方も多いのではないでしょうか。

シェアハウスで短期解約の場合は違約金などといった条件を付けられると面倒なので出来れば1ヶ月~の短期契約も可能なところが望ましいと思います。

それにもしシェアハウスが自分に合わないと感じた時のことを考えると短期で解約可能というと安心感はあります

インターネット環境が整備されている(Wi-Fi使用可)

短期、一時的な利用を考えるとやはりインターネット環境の整備は外せません。

シェアハウス施設内で無料で使えるWi-Fiが無いと通信費も馬鹿になりません

このインターネット環境は忘れずに確認をしましょう。

シェアハウスの探し方

シェアハウスは地域情報誌やインターネットの情報を通じて自力で探すことは出来ますが不動産のポータルサイトのように整っていないので設備条件やエリアを絞って探すのもちょっと苦労します。

現段階で見つけたシェアハウスの物件情報サイトを掲載しておきますのでシェアハウスはどんなものなのか実際に確認するのにご利用されてみてはいかがでしょう。

シェアドアパートメント オークハウス

シェアハウスについての所見

最後にシェアハウスについて所見を述べたいと思います。

私たち不動産業界からすると正直なところシェアハウスの仕組みを熟知していないせいもあって懸念するところがあります。

しかし首都圏に住んでみたい・人との出逢いを大切にしたいという若い方の希望需要には十分沿った新しいサービスだと思います。

そもそもシェアハウスを利用することで契約金も家賃も格安料金で首都圏に住むことが出来ます。

シェアハウスを利用することのリスクやデメリットをよく考えたうえで利用するなら十分コスパの高いサービスだと言えます。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました